• 介護施設と訪問看護のマッチングサイト

     新型コロナウィルスの濃厚接触に関して、厚生労働省は「濃厚接触者は、新型コロナウイルスに感染していることが確認された方と近距離で接触、或いは長時間接触し、感染の可能性が相対的に高くなっている方を指します。濃厚接触かどうかを判断する上で重要な要素は上述のとおり、1.距離の近さと2.時間の長さです。必要な感染予防策をせずに手で触れること、または対面で互いに手を伸ばしたら届く距離(1m程度以内)で15分以上接触があった場合に濃厚接触者と考えられます。新型コロナウイルス感染者から、ウイルスがうつる可能性がある期間(発症2日前から入院等をした日まで)に接触のあった方々について、関係性、接触の程度などについて、保健所が調査(積極的疫学調査)を行い、個別に濃厚接触者に該当するかどうか判断します。」としています。

     濃厚接触者に該当しないように気を付けていきたい事としては、まずはマスク等を感染対策をすること、食事中の会話は避けこと、マスク等必要な予防策なしで15分以上1メートル以内の距離に身を置かないこと、15分以内であっても接触を伴わないこと、手指消毒を徹底すること、1メートル以上の距離であっても長時間同じ空間にいて、累計時間が15分以上にならないよう工夫をすることなどが考えられます。

     また、あまり話題には出ていませんが、濃厚接触者と濃厚接触をした場合にはどのように対応すればいいのでしょうか。慶応義塾大学保健管理センターが発表しているQ&Aには「「濃厚接触者」と判断した施設(保健所、病院)に、一応、ご自身の対応を確認してください。特にその施設から指示が出なければ、マスク着用、手指衛生徹底の上、就業・登校可能です。」とのことです。まずは保健所などの指示に従う、ということなんですね。


    コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    CAPTCHA